教育内容

保育への取り組み方

  • 卒園後もまっすぐにたくましく、力いっぱい努力して進んでいく子どもに育つように
  • 周囲の人々に対して暖かく思いやりがあり、わがままや衝動を抑えることの出来る子どもに育つように
  • 明るく機嫌良く伸び伸びと毎日の生活を、送ることが出来る子どもに育つように
  • 知的で上品にそのうえユーモアを理解し、周囲の人々とも明るく幸せになれる

園長を始め職員一同がこうした願いを持ち、それらを果たそうと日々努力して教育に励んでおります
 
 

教育内容について

毎日の園生活やいろいろな行事の中で、
あたたかい関係作りを大切にしながら、
一人ひとりの力を伸ばしていきます。

遊びの時間は異年齢の子ども達が一緒に思い思いに遊びながら、遊び方ややり取りを覚えて関係を深めていきます。クラスごとの活動では、教師や子ども達全員の顔が見えるように円型に座り(丸集合)、楽しいことや困ったこと、一緒に行う活動等をみんなで話し合いながら進めます。また歌を歌う・絵を描く・作る・絵本を見る・体育・わらべうたなど、年齢に合った内容や教材で楽しく活動します。

 

年少組

遊びながら園生活や友達に慣れていきます。教師は安心できる存在として寄り添っていきます。歌や粘土などの活動で感覚を刺激しながら、一緒に行う喜びを持つような活動をします。

 

年中組

興味関心が広がり、試行錯誤しながらも遊びの種類や友達が増えていく時期です。まだ出来事を正確に伝えたり整理するのが難しいため、教師がそれぞれの気持ちを受け止め共感しながら丁寧に接していきます。はさみや絵の具などの用具の使い方も上手になります。文字や数字に興味をもつ時期なので、教師は楽しく興味が広がる活動を提案します。

 

年長組

周りの状況に合わせて動けるようになり遊びが高度になります。自主性や意欲が出て少し難しいことにもチャレンジし、お兄さんお姉さんとしての自覚を持ちます。教師は一人ひとりを見守りながらそれぞれの力が発揮できるようにしていきます。

 

行事

毎月の誕生会のほか運動会や発表会遠足など、楽しめる内容にしています。学年毎にふさわしい取り組み方にして、年少組年中組は無理なくできるもの、年長組は、役割を決めたり相談したり力を合わせて練習するものにし、日常にはない緊張感を味わいます。「日常の遊びや活動」や「行事」どちらも子どもの成長に大切なことです。